Born in Buenos Aires of an Italian father and Argentine mother, then he lived in Rome and Paris in his late teens.

giankar photoHe moved to London when he was 20, became vocalist of grunge punk band aka “Shambala Skin”, which released two albums.

He became DJ inspired from his traveling in India several times in his late 20’s, also encountered electronic ethnic music, including Talvin Singh  creator of innovative fusion of Indian classical music and D&B.

Lived during the summer in Ibiza island from 2000-2008 and was resident DJ of sunset bar “Kumharas”, his deep sounds becoming a trademark of the place, the highlight of which is the collaboration of nature and music. He also played regularly at the legendary “Sa Trinxa” beach bar and many other places

He has been playing all over the world since..

Definitely DJ GIANKAR is one of the greatest exponents of the chill-out movement in Ibiza island.

 

(DJ ジャンカー)

イタリア人の父、アルゼンチン人の母のもとアルゼンチンで生まれたGIANKARは、子供時代をブエノスアイレスで過ごし、10代後半にはローマやパリで過ごす。

20歳の時にロンドンに移り、グランジパンクバンド“Shambala Skin”のヴォーカリストとして活動し,2枚のアルバムをリリースするなど、音楽活動を続けていたGIANKARに現在の彼のサウンドのモデルとなる転 機が訪れる。それは、20代後半に何度か旅したインドで出会った古典インド音楽や、UKを席巻した D&B のタリヴァン・シン等のエスニックサウンドに遭遇し、影響を受けたことだった。その後、彼はDJに転身する事となる。

DJとなったGIANKARは、2000~2008年の夏の期間はスペインのイビザ島で暮らしながら、サンセットバー“Kumharas”のレジデント DJとして活躍していく。そして、彼がセレクトするディープなサウンドと、イビザの美しい夕日がミックスされた音と自然のコラボレーションは、 “Kumharas”のトレードマークとなっていった。さらに伝説的なビーチバー “Sa Trinxa” でのレジデントDJの他、世界各国の様々なパーティーでスピンし続けるDJ GIANKARは、まぎれもなくイビザのチルアウト・ムーヴメントの代表的なDJの一人である。